×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


禁断症状

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
依存度
禁断症状
タバコの害
軽いタバコは安全?
問い合わせ
サイトマップ
タバコの禁断症状には、次のような物があげられます。


イライラする。怒りっぽくなる。
不安になる。心配性になる。
欲求不満になる。
集中力が低下して、ボーッとした状態になる。
落ち着きがなくなる。
手や足がだるくなる。からだが、しんどい。
目の焦点が、合わないような感じになる。
気分が落ち込む。うつ状態になる。
不眠症になる。 途中で、目が覚める。昼間眠くて仕方がない。


などです。
この症状を打ち消すため、さらにタバコを吸ってしまうわけです。


しかし、ご安心下さい。体内のニコチンは、摂取しなければ3週間ほどで、99%減少します。


その3週間は禁断症状に悩まされると思いますが、ぜひ禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Copyright:(C)ニコチン中毒にご用心 since2006. All Rights Reserved.
ニコチン中毒にご用心に掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。